【呪術廻戦】144話「あの場所」ネタバレ!釘崎の死亡は確定&天元登場!?

呪術廻戦の144話、盛りだくさんな内容になっています。

釘崎の死亡が確定したような口ぶりや天元がついに登場するところまで進みますよ!

【呪術廻戦】144話:現状打破の策

虎杖は乙骨先輩に自分が次に宿儺と変わったら殺すことを頼みます。

制御ができなかったのは10本も一気に指を食わされてたせいで、次に仮に5本一気に食べても肉体はきっと乗っ取られない、とわかっているにも関わらず。

そして、乙骨はこれを了承します。

次は、五条悟を封印している獄門彊(ごくもんきょう)の解き方と、加茂憲倫の目的と今後の出方を調べるために 、天元様に会うことを伏黒が提案します。

しかし1つだけ問題があるという。

それは天元様を隠す結界があるということ。

シャッフルが繰り返され、1000以上の扉のうち1つだけが天元様の部屋に通じているというとんでもない確率。

どうこれをクリアするのか…。

【呪術廻戦】144話:釘崎の死亡が確定!?

そんな時、虎杖がおもむろに伏黒にあることを問います。

その問いに対して、伏黒は目をそらす。

虎杖はそんな伏黒を見て、察し「わかった」と一言だけつぶやき、強く拳を握る。

たったこれだけの場面ですが、空気感の重さ、虎杖の決心が感じられますよね。

【呪術廻戦】144話:結界の解除方法

いないはずの脹相が顔を表し、隠す結界の抜け道があることを告げる。

地下にいくと、九十九と火傷の跡は残ったものの、反転術式で回復した真希がいる。

天与呪縛のフィジカルギフテッドが生死を分けたという。

実際に隠す結界の件に関しては脹相が話す。

脹相なら6人分の弟達の亡骸6人があるならばそれで、自分の術式の副次的効果で気配がわかると言うのである。

そのことを話す脹相について誰だ?となった時に、虎杖が…

ずっと認められてこなかった”兄貴”という言葉に脹相は反応し、

嬉しさのあまり、虎杖を叫ぶ(笑)

【呪術廻戦】144話:天元登場

扉を開け、この木々の先に薨星宮(こうせいぐう)の昇降機があるので降りることを決め、先に進みます。

妙な血痕に対して、九十九は過去を振り返ります。

いよいよ本殿に入ると…。

時間の無駄だから戻ろうとしたん瞬間…

ついに天元が皆の前に姿を現したのでした。

”【呪術廻戦】144話「あの場所」ネタバレ!釘崎の死亡は確定&天元登場!?”まとめ

次回あたり、封印術を解く方法が説明されればいいのですが…。

楽しみですね。

145話はこちら

【呪術廻戦のネタバレの一覧はこちら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA