呪術廻戦〔最新話〕145話ネタバレ!偽・夏油傑の正体がついに明かされる!?

呪術廻戦の最新話・145話のネタバレをしていきます。

ついに偽・夏油傑の正体が明らかになり、衝撃の事実が一気にここで明らかになりますよ!

【呪術廻戦】145話:天元降臨

天元に初めて出会う一同の中、一人だけすでに会ったことのある人間がいた。

それが九十九由基である。

薨星宮(こうせいぐう)を閉じたことを九十九が尋ねると、羂索(けんじゃく)に九十九が同調していることを警戒した、と答える天元。

では、羂索(けんじゃく)とは誰なのか。

その正体がかつての加茂憲倫である、現在の偽の夏油傑の正体だというのです!!

 

問題の羂索(けんじゃく)の目的と五条悟が封印されている獄門彊(ごくもんきょう)の解き方を尋ねる一同。

それに対し、条件付きで教えると言う。

それが、乙骨憂太・九十九由基・呪胎九相図の3人のうち2人が護衛として残る、というもの。

【呪術廻戦】145話:羂索(けんじゃく)の目的

その上で、羂索の目的が語られる。

羂索の目的は日本全土を対象とした人類への進化の強制。

しかし、それには呪力が不足している上に、一人一人術式で進化を促すには効率が悪かった。

だから取ろうとした進化の手段が天元との同化なのだという。

本来、同化は星漿体(せいしょうたい)にしかできない。

しかし、「進化を始めた天元は星漿体以外でもできなくはない」と答える天元。

 

進化した天元の魂は至るところにあり、今虎杖たちの前にいる天元すら天元ではないという。

さらに、天元と同化した人間は術師という壁すら超えてしまうのだ。

 

つまり、新しい存在になる」ということ。

今の天元には結界術があったから進化後も形と理性を保つことができるよう。

同化を拒否しさえすれば問題ないのではないか、という問いに対して、天元はそれが問題だという。

進化を果たした自分(天元)は人間より呪霊に近い、というのだ。

つまり天元は、、、

羂索の呪霊操術の術式対象だというのである!!

羂索の実力を考えると接触した時点で取り込まれる可能性があるので、薨星宮で全てを拒絶している状態にしたのだ。

護衛をするのは、その封印もいつ解かれてしまうかわからないためだからだそう。

それがなぜ今なのか、と問う九十九。それに対し、

「天元・星漿体・六眼」は全て因果でつながっていると答える天元。

 

「羂索は過去に二度六眼の術師に敗れている。二度目の羂索は徹底していた星漿体も六眼もすべてすべて生後一月以内に殺した。」

「それでも同化当日に六眼と星漿体は現れた。その後羂索は六眼を抹殺ではなく封印へと方針を変え獄門彊の捜索を始めた。六眼持ちは同時に2人は現れないからね。」と続ける天元。

だが、11年前に禪院甚爾という予期せぬ男の介入があった。

天与呪縛によるフィジカルギフテッド。中でも特異な完全に呪力から脱却した存在。

彼が呪縛の力で因果の外に出た人間が天元たちの運命を破壊してしまった。

さらにそこには呪霊操術を持つ少年(夏油傑のこと)。

 

意図せず獄門彊のピースがすべて揃ってしまったのである。

その上、6年前に獄門彊も羂索の手に渡った。

【呪術廻戦】145話:死滅回游(しめつかいゆう)の目的

「じゃあ死滅回游は何のために行われるのか」と聞く伏黒。

それを「同化前の慣らしだよ」と一言で答える天元。

「死滅回游は泳者の呪力と結界と結界で結んだ境界を使ってこの国の人間を彼岸へ渡す儀式」だという。

それを慣らしとして天元との同化を始めるつもりではないか、と天元は予想する。

ただし、儀式を成立させるために羂索自身も”縛り”を負っているはずだ、と続ける天元。

その一つが”死滅回游”の管理者は羂索ではない、ということ。

 

ただ、羂索を殺しても死滅回游は終わらないという点では虎杖たちには不利に働くということでもある。

死滅回游のルールにある永続はあくまで儀式を中断させないための保険。

6.泳者は地震に懸けられた点を除いた100得点を消費することで、管理者と交渉し、死滅回游に総則を1つ追加できる。

つまり、死滅回游に参加して回遊を抜けるルールを追加するしかないということ。

そのうえで話を進める前に、今一度誰が残るかを先に決めるように天元に言われる。

自らが残ると2人が率先して言い、乙骨以外の2人が残ることが決定。

いよいよ、獄門彊の解放の方法に迫る。

【呪術廻戦】145話:獄門彊の封印の解放方法

五条悟の解放に必要なのは獄門彊の「裏」だという天元。

裏門の五条悟を開けれれば五条悟の封印は解ける。

しかし、開門の権限は”表”の所有者である羂索のもの。

そんなあらゆる術式を強制解除するのが「天逆鉾(あまのさかほこ)」かあらゆる術式効果を乱し相殺する「黒縄(こくじょう)」のどちらか。

しかし、天逆鉾は11年前に五条悟が海外に封印して破壊してしまい、黒縄も五条悟が全て消してしまったのだ…。

残された方法は、死滅回游に参加している泳者の中に「天使」を名乗る千年前の術師がいる。

彼女の術式はあらゆる術式を消滅させる

彼女の名前は、来栖 華(くるす はな)

”呪術廻戦〔最新話〕145話ネタバレ!偽・夏油傑の正体がついに明かされる!?”まとめ

夏油傑の衝撃の事実に、獄門彊の解放方法。

そしてそのために必要な新たな人物、来栖華。

 

次回も楽しみですね。

呪術廻戦144話ネタバレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA