【呪術廻戦】139話ネタバレ!虎杖&脹相VS直哉の行方は!?

呪術廻戦の139話のネタバレを紹介していきます!

いったいどんな展開が待ち受けているのでしょうか。

【呪術廻戦】139話:呪霊狩りをする虎杖・脹相

虎杖は両手を上に挙げ、「パン、パン」と何度も手を叩いて大きな音を出し、呪霊をおびき寄せます。

すると、音に反応した巨大な呪霊2体が虎杖の前に登場

虎杖は呪霊を引き寄せながら脹相の元へと向かいます

そこで待ち構えていた脹相が呪霊に向けて「穿血」を放ち、呪霊を一掃します。

そして残りの呪霊は虎杖が仕留めます。

呪霊を一撃で祓った虎杖に対して脹相はこんな強さを感じます。

『虎杖の強さは正に鬼神』

 

そのあとはこのような会話が続きます。

 

脹相「流石俺の弟だ

虎杖は「まだ言ってんの?」

脹相は「何度でも言うさ、思い出せ、あったハズだ」「オマエの父の額にも縫い目が」

【呪術廻戦】139話:虎杖&脹相VS直哉

そこに「恵君おらんやん、俺が一番乗り?」と禪院直哉が登場。

直哉は、伏黒がおらず自身が一番乗りなことに不満な様子。

 

伏黒に対して「トロすぎる」と独り言を吐き、直哉は虎杖脹相に話しかける。

目立ちすぎやで、逃げる気ないんか」と。

 

自身の死刑執行が決定したことを知らない虎杖は話の意味がわからず「逃げる?」と思わず聞き返します。

それに対し直哉は「君死刑やって、悟君の後ろだてがのうなったから」と伝えます。

突如現れた直哉に対し、虎杖は「伏黒に何の用だ」と問います。

直哉は「死んでもらお思て。その前に(伏黒が)一筆書いてくれると助かるねんけどな」と続けます。

直哉は一瞬で虎杖脹相の背後に移動します。

直哉は虎杖の顔面を殴り、脹相の拳を受け止めて関節技を決めます。

 

一度組み手を終えた虎杖の感想は「速いっちゃ速いんだけど」と直哉の動きに違和感を感じます。

それに対し、脹相は「術式だろうな」と分析。

直哉が「もうちょい速うしてみるか」と言うと、3人は不気味過ぎる気配を感じ取る。

虎杖は五条悟とも違う不気味な気配・・・それは乙骨憂太だったのです。

”【呪術廻戦】139話ネタバレ!虎杖&脹相VS直哉の行方は!?”まとめ

ついに乙骨が登場しました。

どのような展開になっていくのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA