呪術廻戦140話ネタバレ!乙骨の呪術量は五条悟を上回る!?

呪術廻戦の140話のネタバレをしていきます!

乙骨の呪術量が五条悟より上だと判明した虎杖はどう戦うのか…!?

139話はこちら

【呪術廻戦】140話:乙骨憂太登場!!

五条悟と同じ特級呪術師の乙骨が腰に差していた刀を抜刀し、高いビルから一気に降りてきます。

降りてきた乙骨は彼らに問いかけます。

乙骨「誰が虎杖君の何?」

直哉「ちょい待って」「味方やで」「君、乙骨君やろ」「禪院直哉、真希ちゃんのいとこや」「君と同じで虎杖君殺せって言われとる」「安心しぃ、君の邪魔はせぇへん」「その代わり、虎杖君を殺してもそのことを上に暫く黙っててくれへん?」「彼を餌に会いたい人がおんねん」

と直哉が話をしている隙に、脹相と虎杖は逃げの算段を打ち合わせします。

【呪術廻戦】140話:脹相VS直哉

話をしたのも束の間、一瞬で乙骨が虎杖の間合いまで詰め寄ります。

どうにか交わすことのできた虎杖ですが、「速い、抜き身の刀を持ってこれかよ」と驚きを隠せません。

それに対する乙骨も「速いな、走り出しで潰すつもりだったのに」だと感じており、一瞬で終わらせることに失敗している様子が見えますね。

一方、脹相と直哉の戦いも始まります。

直哉「見てたで、さっき」「”赤血操術”やろ?」「なんで君がそれを持っとんのかは知らんけど、「穿血(せんけつ)」以外はそんな怖ない」「ほんで「穿血」出すには、「百斂(びゃくれん)」、デカいタメがいる」「後は言わんでも分かるやろ」「詰みや、死ぬで君」

それに対し、脹相は一言。

「オマエこそ、俺の弟に手を出して生きて帰れると思っているのか?」

 

果たしてどんな戦いになるのか。

【呪術廻戦】140話:五条悟を超える呪術量を持つ乙骨

虎杖を一瞬で殺し損ねた乙骨。

再度斬りかかるがそれも虎杖はかわします。

虎杖は車を乙骨にぶつけその隙に屋内から逃げ切ることを考えます。

しかし、ぶつけたはずの車が虎杖の方向へ飛んでくるではないですか。

その現実を見て虎杖は乙骨の計り知れない呪術量を認識します。

その事実を乙骨は説明し、話が終わると虎杖に畳みかけてきます。

虎杖は東堂に教えてもらった、一流と三流の術師では呪力の読みづらさが違うことを思い出していました。

しかし、そのうえで、乙骨はもはやその次元ではないことを肌で感じます。

”呪術廻戦140話ネタバレ!乙骨の呪術量は五条悟を上回る!?”まとめ

虎杖はどうやって乙骨と戦っていくのか。

もしくは逃げ切れるのか。

 

次回も目が離せませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA