【東京卍リベンジャーズ】237話「Makes allies」仲間集め始動!!

東京卍リベンジャーズの最新話である237話のネタバレをしていきます。

千冬が協力してくれることになり、いよいよ本格的に仲間集めが始動します!!

 

若干千冬の暴走が問題ですが…笑

まだ236話読んでいない方はこちら

【東京卍リベンジャーズ】237話:仲間集め始動!!

始動したタケミチ達の新チーム!!

早速メンバー勧誘に!!

八戒「わかった! 入るよ チーム!」

タケミチ「え!?」

「無理なお願いだってわかってるし…」

「もっと時間かけて悩んでくれていいんだぜ?」

八戒「タケミっち」

「お前はオレがわかってねぇな!!」

タケミチ「え?」

八戒「オマエが頼ってきたら」

「オレがついていかねぇワケねぇだろ?」

タケミチ「……」「八戒」

千冬「よーし 八戒!」

「じゃあ”コレ”を!」

八戒「?」

「え?」

「なんだコレ?」

千冬「TW(サウザンドウィンターズ)mp特攻服(ユニフォーム)だ!!」

「な!?タケミっち!!」

タケミチ「あ……うん」

八戒「サウザンドウィンターズ?」

「え?これ着て関東卍會と戦うの?」

千冬「おう!」

「かっけぇだろ?オレの才気(センス)が迸っちまった」

タケミチ「千冬……それぐらいでいいんじゃないかな?ユニフォームの話は」

「よし」「まあとにかく」

「これで3人!!」

八戒「まだまだ3人だけどさ ワクワクすんねチームって」

千冬「うん!でも関東卍會とぶつかるなら」

「もっと人数増やさねぇとな!」

タケミチ「みんな誘える奴いる?」

タケミチ「ん?」

八戒「ん?」

千冬「ん?」

タケミチ「え?オマエら…友だちいねぇの?」

八戒「コラコラ そういう言い方どうかと思うぞ」

千冬「オマエはいんのか?コノヤロー」

タケミチ「うーん」「あ」

「一人アテがある!」

八戒「ここって…」

千冬「ドラケン君とイヌピー君の店…」

タケミチ「うん!」

千冬「さすがに今はまずいんじゃ…」

イヌピー「花垣 用事ってなんだよ?」

タケミチ「イヌピー君」

イヌピー「………」

タケミチ「ドラケン君に託されたんです」

「”マイキーを頼む”って」

「オレは関東卍會と戦います」

「TW(サウザンドウィンターズ)はそのためのチームです」

「お願いします!」

「イヌピー君もついてきてくれませんか?」

イヌピー君「頼まれるまでもねぇ!」

タケミチ「え?」

「イヌピー君」

イヌピー「オレがオマエを選んだんだぜ」

「!」「ココ!?」

「どうしたんだよココ!?」

ココ「コイツを…病院に」

イヌピー「……」「花垣…!?」

「ちょ ちょっと待ってろ!」

「車出してくる!」

ココ「急げ!」

イヌピー「いったい何があったんだ!?」

ココ「……」

「花垣はマイキーにやられた」

イヌピー「!!」「マイキーに⁉」

ココ「コイツだけじゃねぇ…」

「千咒も…サウスも…」

イヌピー「……」

ココ「三天時代は終わった」

「これからは」

「佐野 万次郎の時代だ!」

「そいつを任したぜ」

「オレは後始末に戻んねぇといけねぇ」

「ココ!幸せか!?」

「赤音を忘れる人生もあるんだぜ」

ココ「……」

「バーカ」

「幸せに決まってんだろ?」

「マイキーについてりゃずっと勝ち馬に乗ってるようなもんだ」

「……」

「イヌピー」

「オマエは」「いい奴を選んだな」

千冬「よーし」

「決まりだな!」

「今日からイヌピー君もTW(サウザンドウィンターズ)のメンバーだ!」

「これを着てくれ!!」

イヌピー「カーーー」「ペ」

イヌピー「あ”あ”あ”あ”」

「なんてことすんのよイヌピー君!!」

イヌピー「そんなダセぇモン着れるか」

”【東京卍リベンジャーズ】237話「Makes allies」仲間集め始動!!”まとめ

ダサイ特攻服は置いておいて順に仲間が増えていっていますね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA