【東京卍リベンジャーズ】236話「Band of brothers」タケミチがチーム結成!?

東京卍リベンジャーズの最新話である236話のネタバレをしていきます。

タケミチは色々考えて自分らしさを取り戻しました。

 

そして、それはタケミチがチーム結成をするという決断でした!

まだ235話読んでいない方はこちら

【東京卍リベンジャーズ】236話:タケミチがチーム結成!?

ヒナにほぐされた心。武道、新たな戦いへ!!

ヒナ「わぁキレー」

「初めて ウチに来た時も花火見たね」

「覚えてる?」

タケミチ「もちろん覚えてるよ」

「オレ あの時ヒナと手ェ繋ぎたくて」

「間違えてナオトと手ェ繋いじゃってさ」

ヒナ「フフ 何それ」

タケミチ「……オレ」

「ヒナのこと 守りたくて頑張ってきた」

「オレがそうやってがむしゃらだったの見て」

「色んな人が応援してくれて 味方になってくれた」

「守りたい人がどんどん どんどん増えていって」

「オレの手には負えなくなった」

「でも オレが守りたいモノは全部 マイキー君が守ってくれた」

「だから」

「マイキー君だけ不幸なんてオレ絶対嫌だ」

「武蔵祭の日 諦めてたオレに」

「ヒナこう言ってくれたよね?」

「”君はドラケン君じゃない”」

「”マイキー君でもない”」

「”タケミチ君は”」「”タケミチ君だよ”」

ヒナ「言ったっけ?」

タケミチ「みっともなくたっていい」

「……オレは…」

「……」

「花垣武道だ」

「みんなを頼って」

「巻き込んで」

「仲間と一緒にマイキー君を助けるんだ!!」

「決めたよ ヒナ」

「今度はオレが…」

「オレのチームを創る!!」

「最っ高のチームを!!!」

1ヶ月後

タケミチ「よっし!」

「完全復活だ!!」

〔チームを創る!!〕〔なら〕

〔一人目のメンバーは絶対コイツ〕

千冬「なんだよ大事な用事って」

「退院したから殴られに来たのか?」

タケミチ「……」

〔そうだ…最後に会った時にオレ突き放したんだ〕

「あのさ…なんか…ゴメン…」

千冬「アン?」

タケミチ「オレらしくなかったっていうか」

「オレ…馬鹿なりに悩んじゃってさ」

千冬「そんなくだらねぇ事話しに来たんならもう行くぞ」

タケミチ「あっ あのさ」

「オレ!チーム創ろうと思ってんだ!」

「関東卍會に負けねぇチーム」

「迷惑だろうけどさ」

「一緒に戦ってくんねぇか 千冬」

千冬「……」「遅ぇよ」

タケミチ「!」

千冬「……」

タケミチ「……」

「だよな…」

千冬「辞表出してくるから待ってろ!」

タケミチ「……」

「え?」

千冬「店には迷惑かけれねぇだろ?」

タケミチ「オマ…」

千冬「待ってたぜ!相棒!!」

タケミチ「オマエ…」

「千冬ぅぅ!!」

千冬「うお!?」

「馬鹿そんな大声で泣くなよ みっともねー」

「条件は一つ!」

「”サウザンドウィンターズ”」

タケミチ「へ?何それ?」

千冬「チーム名だ」

「かっこいいだろ?」

タケミチ「サウザンドウィンターズ…どういう意味?」

千冬「千の冬…俺の名前よ 言わせんな!」

タケミチ「……千冬…それはちょっと」

千冬「マークも考えてある あたためてた」

タケミチ「勘弁してくれよー」

千冬「オマエの我儘に乗ったんだからここは譲らん!」

タケミチ「えー!?長えし 言いづれえし」

何度だって立ち向かえる。オレたちなら。

”【東京卍リベンジャーズ】236話「Band of brothers」タケミチがチーム結成!?”まとめ

仲間になってくれた千冬。

新しいチームはどんな名前になるのでしょうね?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA