【呪術廻戦】146話のネタバレ!一人目の死滅回游者は七三・・・!?

呪術廻戦の最新話である146話のネタバレをしていきます。

天元との話も終わり、いよいよ始動開始になりますよ!

【呪術廻戦】146話:死滅回游のルール

天使を名乗る千年前の術師の術式なら獄門彊「裏」を開けることができる、という天元。

伏黒「そいつは今どこにいるかわかりますか?」

 

天元「東京の東側の結界(コロニー)だ」

天元「まずはそこから整理しよう」

さらに天元がコロニーの説明を続けます。

天元「全国10の結界(コロニー)。それが日本の人間を彼岸へと渡す境界を結ぶ結界へと繋がっている。」

北海道は入っておらず、すでに巨大な霊場として慣らしが済んでいるとのこと。さらに天元の話が続きます。

「”彼岸へ渡す”と聞くと、仰々しいが、日本にいる全員に呪いをかけて同化の前の準備をしているのさ」

伏黒「儀式が終わるまでどのくらいかかりますか?」

天元「回遊次第だが2月もあれば済むだろう」

真希「今11月9日の午前9時だ」

乙骨「泳者(プレイヤー)の術師が覚醒したのは10月31日24時ごろ」

伏黒「積美紀が回遊に参加するまでの猶予はざっと10日と15時間」

 

伏黒「天元様はさっき参加を拒否すれば死ぬとおっしゃっていましたよね。」

天元「あぁ。」

 

伏黒は家入硝子の話を思い出します。

硝子「術式の剥奪かぁ…後追いで参加する術師にも適用されるルールだろ?だとしたら剥奪は≪無為転変≫で行われるわけじゃないと思う」

硝子「”使用禁止”ではなく”剥奪”だから”縛り”でもない。となると脳に無理矢理なにかしら作用するわけだからルール的にも剥奪されると死ぬと思うよ。じゃなきゃみんな参加拒否するだろうし。」

 

回想が終わります。

真希「逆に私みたいなのとか術式持ってない術師はノーリスクだよな」

虎杖があることに気づきます。

最初から結界の中にいる一般人はどうなるのか、と。

 

天元「少なくとも一度は外に出る機会を与えられる。ルールに1つもコロニーの出入りに関する条項がない。泳者(プレイヤー)に始め「結界から出る」という明確な目的を与えて回遊を活性化させる狙いだろう」

天元「泳者(プレイヤー)を閉じ込めるには泳者(プレイヤー)が”自ら望んで入った”という前提が重要だからね」

伏黒「天元様、ゲームマスターっていのは・・・」

天元「各泳者(プレイヤー)に憑く式神「コガネ」。コガネも正確に言えば、”ゲームマスター”ではなく”窓口”だ。ゲームマスターは死滅回游のプログラムそのものと思った方が良い。」

 

 

※以下が現状の死滅回游の総則(ルール)※

1.泳者(プレイヤー)は術式覚醒後十九日以内に任意の結界にて死滅回游への参加を宣誓しなければならない。

2.前項に違反した泳者(プレイヤー)からは術式をはく奪する。

3.非泳者は結界に侵入した時点で泳者(プレイヤー)となり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。

4.泳者(プレイヤー)は他のプレイヤーの生命を絶つことでポイントを得る。

5.ポイントとはゲームマスター(管理者)によって泳者(プレイヤー)の生命に懸けられた価値を原則術師5ポイント、非術師1ポイントとする。

6.泳者(プレイヤー)は自身に懸けられたポイントを除いた100ポイントを消費することでゲームマスターと交渉し死滅回游にルールを一つ追加できる。

7.ゲームマスターは死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならない。

8.参加またはポイント取得後、十九日以内にポイントの変動が見られない場合、その泳者(プレイヤー)かあ術式を剥奪する。

内容的に不利さを感じる一同…。

しかし、天元は「いや、ある程度は公平な判断が見込めるハズだ。すでに泳者(プレイヤー)にここまでのルールを強いているんだ。呪術的にこれ以上羂索に利益が偏ることはない」と言います。

 

”また”人を殺さなきゃいけないのか…とボソッという虎杖に対して伏黒は、

「いや…いくつか考えがある」と告げます。

 

そして、いよいよ役割分担。

由基と脹相は天元様の護衛。

真希は呪具の回収。

伏黒が当主になったため、禅院家の忌庫は漁り放題だとか。

 

そして真希はパンダを探して回遊の平定に協力することを決めます。

乙骨は早速コロナ―に単独で入り、死滅回游に参加することを決めます。

 

それは津美紀さんや伏黒たちが回遊に参加する前に少しでも情報を集める為だと言う。

乙骨と虎杖はあることに気づきます。

それは、乙骨が虎杖の近くにいた方が伏黒は安全だけど戦力的には乙骨は単独で動いた方が効率がいいと思っていること。

それに対し、伏黒は「そん時は俺が死んだ後、しっかい殺してもらえ」と一括。

そして伏黒たちは、予定通り、3年で停学中の”秤金次(はかりきんじ)”のところにいくことになります。

いよいよ別れて行動開始!!

【呪術廻戦】146話:一人目の死滅回游者

売れない漫才師…?

「高羽ぁぁ!!(略)悪いことは言わん。オマエにできる向いていることをせぇ。」とプロデューサーらしき人物に一括される。

そんな彼にケンという人間が、

「アイツもお前も勘違いしとる。おもろなくても売れるやつは売れんねん。ずっとおもろい奴とずっと自分のことおもろいと勘違い出来るやつや

「五分五分だというが本当は七三くらいが・・・」

 

この漫才師のような男が…死滅回游泳者の一人、髙羽文彦なのです。

”【呪術廻戦】146話のネタバレ!一人目の死滅回游者は七三・・・!?”まとめ

いよいよ、天元との話も終わり、やるべきことが決まった虎杖たち。

七三というワードが出てきた死滅回游者も気になりますね!

僕のヒーローアカデミアの最新話309話はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA