【呪術廻戦】15話「展開」ネタバレ!漏瑚との戦いが決着!!

呪術廻戦の15話のネタバレをしていきます!

突然連れてこられた虎杖。

 

最強の呪術師・五条と漏瑚との戦いの決着があっさりと決まります。

まだ14話を読んでいない方はこちら

【呪術廻戦】15:漏瑚との戦いが決着!!

この地下室は…!?

映画「サーム!!」「サァーム!!」「どこだ…サァーム!!」

呪骸「スピー」

五条〔へえ 意外と…〕

〔飲み込みが早い〕

「悠仁」

虎杖「五条先生!?」

五条〔話しかけても問題なし〕

虎杖「用事は!?」

五条〔早めに出力上げて さっさと次の段階進めそうだね〕

虎杖「?」

五条「出かけるよ 悠仁」

虎杖「えぇ!?」

五条「課外授業」「呪術戦の頂点」

「「領域展開」について教えてあげる」

五条「見学の虎杖悠仁君です」

虎杖「先生 俺10秒くらいまで高専にいたよね どーなってんの?」

五条「んートんだの」

虎杖〔あ 説明する気ないな〕

漏瑚〔宿儺の器…やはり生きていたか〕

「………」

夏油の言葉〔五条悟を戦闘不能にし 両面宿儺 虎杖悠仁を仲間に引き込む〕

漏瑚〔今後のため 虎杖は殺せん〕〔まかさ我々の目的に気づいて…〕

漏瑚「なんだそのガキは 盾か?」

五条「盾? 違う違う」「言ったでしょ見学だって」

「今 この子に色々教えてる最中でね」「ま 君は気にせず戦ってよ」

虎杖「なんで俺達沈まねぇの?」

漏瑚「自ら足手纏いを連れてくるとは」「愚かだな」

五条「大丈夫でしょ」「だって君 弱いもん」

漏瑚「舐めるなよ 小童(こわっぱ)が!!!」

「そのニヤケ面ごと 飲み込んでくれるわ!!!」

虎杖〔コイツが… 弱い…??〕

〔今までの どんな呪い(バケモノ)よりも 遥かに呪い(バケモノ)!!〕

五条「大丈夫 僕から離れないでね」

漏瑚「領域展開!!」

「蓋棺鉄囲山(がいかんてっちせん)」

虎杖「なっ…!!なんだよこれ!!」

五条「これが「領域展開」」

「術式を付与した生得領域を呪力で周囲に構築する」

虎杖「アッツッ!!!」

五条「君達が少年院で体験したのは 術式の付与されていない 未完成の領域だ」

「ちゃんとした領域なら一年全員死んでたよ」

「恵は分かってたんじゃないかな」

「領域を広げるのは 滅茶苦茶 呪力を消費するけど それだけに利点もある」

「一つは環境要因による ステータス上昇 ゲームの「バフ」みたいなもんだね」

「もう一つ」

漏瑚「ヂィッ」

〔並の呪師なら領域に入れた時点で焼け切れるのだがな〕

五条「領域内で発動した付与された術式は」

「絶対当たる」

虎杖「絶対!?」

五条「ずぇ~ったい」

「でも安心して 対処法もいくつかある 今みたいに呪術で受けるか」

「これはあまりオススメしないけど領域外に逃げる 大抵無理」

「そして」

漏瑚「貴様の無限とやらもより濃い領域で中和してしまえば 儂の術も当たるのだろう?」

五条「うん」「当たるよ」

虎杖「?ムゲン?」

漏瑚の過去の言葉「獄門彊を儂にくれ!!蒐集(しゅうしゅう)に加える」

〔ここにきたのは 半分は戯れ〕

〔殺せぬなら それはそれで 構わんと思っていた〕

〔だが 突き付けられた この彼我(ひが)の差を〕

〔呪霊としての!!〕〔新たな人間としての矜持(きょうじ)が!!〕〔到底受け入れられん!!〕

五条「領域に対する最も有効な手段」「こっちも領域を展開する」

「同時に領域が展開されたとき より洗練された術がその場を制するんだ」

「根性とか呪力量に申し訳ございませんよるけど」

漏瑚「灰すら 残さんぞ!!」「五条 悟!!!」

五条「領域展開」

「無量空処」

漏瑚〔何が起こった… 儂の領域が押し負けたのか?〕

〔何も見えん… 何も感じん…〕

〔違う〕

〔何もかも見える〕〔すべて感じる!!〕

〔いつまでも情報が完結しない!!〕

〔故に何もできん!!〕

五条「ここは 無下限の内側」

「”知覚” ”伝達” 生きるという行為に無限回の作業を強制する」

「皮肉だよね」「すべてを与えられると何もできず 緩やかに死ぬなんて」

「でも君には聞きたいことがあるから これ位で勘弁してあげる」

「さて」

「誰に言われてここに来た」

虎杖〔これが呪術師最強…!!〕

〔生き物としての格が違う!!〕

夏油「あーあ」

「どうする? 助ける?」

「最強」を前に更なる敵の気配。

”【呪術廻戦】15話「展開」ネタバレ!漏瑚との戦いが決着!!”まとめ

漏瑚を追い詰めた五条。

夏油達は動くのか、それとも…。

16話はこちら

【呪術廻戦のネタバレの一覧はこちら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA