【東京卍リベンジャーズ】218話「Queen it over」ネタバレ!タケミチが 梵(ブラフマン)へ!!

東京卍リベンジャーズの最新話である218話のネタバレをしていきます。

タケミチは 梵(ブラフマン)に入ることを決めたようです。

 

タケミチが会った時の千咒と梵(ブラフマン)に驚くタケミチ。

まだ217話読んでいない方はこちら

【東京卍リベンジャーズ】218話:タケミチが 梵(ブラフマン)へ!!

2008年7月7日

男「そうなんです」

「そこで我が事業に横槍を入れに」

「暴力団を使ってきたんです」

「このままだと ウチの家族にまで手を出しかねません」

「お力添えを頂けませんか…?」

千咒「ふんっ」「しょーがねぇな」

武臣「!」

男「ありがとうございます!!」

「 梵(ブラフマン)が後ろについてくれればウチも百人力ですよ」

千咒「ただね!!」

男「ひっ」

千咒「一般人が売春斡旋になんか手ぇ出すから足元を掬(すく)われるんだ」

「自業自得だぞ!?」

男「し…しつれーします!!」

武臣「はぁ」

「上客だぞ⁉千咒」

千咒「ふん」

「キレイ事だけじゃやってけねぇのはわかってる」

「ただ あんなゴミの為に 梵(ブラフマン)を汚していると思うとムカつくんだよ」

武臣「感情は捨てるそれがガキと大人の差だ」

「マイキーならそうしてる」

千咒「……」

 

タケミチ「 梵(ブラフマン)の集会 こんな普通のビルでやるんスか?」

〔監視カメラ〕〔厳重なドア〕〔秘密結社みてぇだな〕

ドラケン「”B-1(ビーワン)”」

「 梵(ブラフマン)主催の地下格闘技」

タケミチ「え?今日は集会のハズじゃ…」

ドラケン「毎夜ここで 試合が行なわれ」

「金持ち共がモニター越しに観戦して金を賭ける」

「”B-1”を生業にして よい優れた精鋭部隊を創り上げる」

「それが超戦闘型愚連隊” 梵(ブラフマン)”だ」

レフェリー「そこまで!!!」

千咒「カメラを切れ!!」

「今日の試合はこれで終わりだ」

ドラケン「そして 精鋭部隊の中でも」

「最強にして頂点に君臨するのが――」

男共「千咒」

「瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)」

「千咒!!」「千咒!!」「千咒!!」

「これより” 梵(ブラフマン)”の全体集会を始める」

「千咒!!」「千咒!!」「千咒!!」「千咒!!」「千咒!!」

タケミチ「!! 歓声が止んだ」

千咒「新メンバーを紹介する!! 前に出ろ!!」

「花垣武道!!!」

「八三(はちさん)抗争!!血のハロウィン!!!」

「聖夜(クリスマス)決戦!!そして」

「関東事変の中心人物!!」

「元東京卍會 伝説の壱番隊隊長」

「黒龍(ブラックドラゴン)の最後の継承者!!」

「着ろ!花垣!」

「これが今日からオマエの特服(トップク)だ!」

「 梵(ブラフマン)にようこそ 花垣武道」

「機は熟した!!」

「7月14日 我ら 梵(ブラフマン)は 」

「関東卍會と六波羅単代を同時にたたく!!!」

「”三天戦争”を始めるぞ!!」

タケミチ〔ついに マイキー君の元へ…!!〕

ドラケン「……」

タケミチ「……」

「瓦城千咒かあ…」

「この前と別人だったな」

「あんな子供(ガキ)っぽかったのに」

「頭んな中どうなってんだ?」

「!!」「千咒!?」

千咒「デートいこうぜ!」

”【東京卍リベンジャーズ】218話「Queen it over」ネタバレ!タケミチが 梵(ブラフマン)へ!!”まとめ

千咒とタケミチがデート?

千咒が考えることとは一体…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA