【東京卍リベンジャーズ】196話「Can say that again」ネタバレ!過去に戻るための説得!?

東京卍リベンジャーズの最新話である196話のネタバレをしていきます。

まさか梵天のトップがマイキーだとは…

 

タケミチは過去に戻るためにナオトに必死の説得を試みます!!

まだ195話読んでいない方はこちら

【東京卍リベンジャーズ】196話:過去に戻るための説得!?

極寒の冷凍倉庫に響き渡る苦悶の声…ここは一体!?

春千夜「あ――」

男「んー!!」

男「ん”んん…」

男「んんん」

男「んん!!」

春千夜「むっ」

「裏切り者に梵天の鉄槌を!!!」

男「んん!」

男「ん!」

男「ん…」「ん!」

春千夜「しっしっしー!!」

「聞け!”マイキーからのお言葉だ”」

マイキー「殺せ」

男「んんっっ!!」

「んん!」

春千夜「うっす」

男「んん」

男「んん!!」

春千夜「梵天の歯車に噛み合わねぇ奴は」

「死体(スクラップ)だろ!」

梵天 ナンバー2 三途 春千夜

鶴蝶「死体シッカリ 掃除しとけよ」

梵天 ナンバー3 鶴蝶(かくちょう)

梵天 幹部 望月 莞爾(もちづき かんじ)

「凍らして砕いて魚のエサだ」

梵天 幹部 灰谷 蘭

梵天 幹部 灰谷 竜胆(りんどう)

九井「忘れんなよ? テメェら」

「裏切ったら オレらでも同じ死体(スクラップ)!」

梵天 幹部 九井 一(ここのい はじめ)

梵天 相談役 明司 武臣(あかし たけおみ)

マイキー「それが梵天だ」

梵天 首領 佐野万次郎

タケミチ「マイキー君が 犯罪組織のトップ!!?」

ナオト「はい」

「間違いありません」

タケミチ「マイキー君が?」

マイキー「頂点の今 終わりにしよう!」

「本日をもって東京卍會は解散する!!!」

「未来を変える為なら これが一番だろ?」

〔そう言って大好きな東卍を 終わらせたマイキー君が!?〕

「タケミっち!」

「約束する!」

マイキー「12年後 また会う日まで 東卍のみんなもヒナちゃんも」

「オレが絶対に守ってみせる!!」

タケミチ「嘘だ…」

「マイキー君がそんなんになってるワケねぇよ」

ナオト「……」

「ボクの情報が間違ってると?」

タケミチ「……」

ナオト「根拠は?」

タケミチ「…わかんないよ」

「でも…そんなワケねぇ」

タケミチ「……」「マイキー君に会わないと…っ!!」

ナオト「いいですか?タケミチ君!」

「それがどれだけキケンな事かわかってるんですか⁉」

「君は12年という歳月をナメています」

「佐野万次郎は君の知っている人間じゃない!」

タケミチ「握手してくれ!」

ナオト「!」「過去に戻る!」

ナオト「な…何いってるんですか?」

タケミチ「過去でマイキー君に会うから」

「本心を聞きたい」

ナオト「いい加減にしてください!!」

「もう姉さんは助かった!!」

「目的は達成したんです!!!」

「佐野万次郎なんて元々 知り合いでも無かった奴の事なんてどうでもいいでしょう?」

「未来へ進んでください!!!」

タケミチ「ナオト」

マイキー「タケミっちはオレのヒーローだ」

タケミチ「マイキー君(あの人)がいなかったら」

「今のオレはいねぇんだよ」

「頼むよ…」

「すぐ戻ってくるから…」

ナオト「……もう!」

「すぐですよ!!?」

タケミチ「ありがとう!」「ナオト!!」

ナオト「まったく… 君には負けますよ」

「……」

タケミチ「あれ?」

凶悪組織の頭(リーダー)になっていたマイキーの真意を知るべく再び過去へ…が!?

”【東京卍リベンジャーズ】196話「Can say that again」ネタバレ!過去に戻るための説得!?”まとめ

せっかく説得して握手したのに戻れませんでした…。

その原因とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA