【僕のヒーローアカデミア】337話「使い捨ての人生を」それでもデクは…!?

僕のヒーローアカデミアの最新話である337話のネタバレを紹介してきます!

スパイの犯人がついに明かされました。

 

それでもデクは、彼にある言葉をかけます。

336話をまだ読んでいない方はこちら

【僕のヒーローアカデミア】337話:それでもデクは…!?

明らかになった内通者 一方悪の長は――

荼毘「友達ねぇ……」

「それ バレたらこちらがマズくなるんじゃねーの?」

AFO「ならないよ」

「君は――――」

「100円ライターが点かなくなったらどうするかね?」

「彼らが成功すれば嬉しい」

「ダメだったら「あぁダメだったか」と落胆し 次の道程(ルート)に思いを馳せるだけだ」

「正しく”使い捨ての道具”でしかない」

友の背信を前にデクは――

AFO「少しでも場を愉しませてくれれば 万々歳さ」

青山父「優雅 逃げるんだ!!」

デク「待っ…!!」

青山〔ママンも パパンも〕

〔僕の”無個性”に酷く狼狽(ろうばい)していた〕

〔二人はいわゆる富裕層の家系で〕

〔何 不自由なく 大切に育てられてきたから〕

〔きっと僕以上に 僕が”皆と違う”事を気に病んでいたと思う〕

〔だから きっと藁にも縋る(すがる)思いで 僕の幸せを願って――〕

〔”噂”を辿ったんだ〕

≪”個性”自由に与えてくれるらしい≫

〔貰った”個性”は体質と合わず 大変だったけど〕

〔ママンとパパンは色々大変な思いをして 僕を育ててくれた〕

<違うのはとても怖いから>

〔同調心理から始まった僕の夢は〕

〔いつか ママンとパパンが僕にしてくれたように〕

AFO「オールマイトが教師になると噂がある」

「雄英に入れなさい」

青山〔人の為に〕

AFO「クラスが孤立するタイミングを教えなさい」

青山〔人に喜んでもら〕

AFO「合宿先を教えなさい」

青山〔皆の為に自分を〕

AFO「雄英に戻った緑谷出久が一人きりになるよう誘き出しなさい」

青山「―――あの置き手紙で…」

「君が僕と同じ”無個性”だったと知った時…」

「僕は…」

「何もかもに」

「絶望したんだ!!」

デク「やめろ青山くん!!」

青山「ネビル――」

デク「OFA―――」

青山「レーザー!!」

青山・デク「!」

葉隠「私の体は…」

「光を屈折させる性質がある」

「…皆死んじゃってもおかしくなかったんだよ」

「……日本中が…」

「おかしくなっちゃったんだよ…」

「何 考えて 教室にいたの⁉」

「寮で!!皆と暮らしていたの⁉」

「ねぇ 青山くん!!!」

青山父母「違うんだ!!優雅は―――」

デク「青山くん」

「葉隠さんは……」

「君が……これ以上人を傷つけないように…してくれたんだ…!!」

「もう…」「やめよう…!!」

「こんなの…」「もう やめよう…!!」

塚内「…なるほど」

「”個性”を与えてもらい…支配されるに至ったと…」

「付与は約10年前か…」

「今 無事という事は」

「ナガンのような裏切ったら爆発する仕掛けは無いようだが…」

校長「できれば…」

「君たちは下がっていなさい」

轟「下がってられる」

上鳴「道理がねェよ…!!」

尾白「……葉隠さんが見つけてなかったら……何するつもりだったんだ…!!」

切島「青山…!!」

「嘘だって言えよ…!!」

爆豪「…てめェも元”無個性”だとは…世の中狭(せめ)ぇな」

塚内「生憎まだ 我々は秩序に生きようと踠(もが)いている」

「AFOについて知ってる事を洗いざらい喋ってもらう」

青山父「知っている事は…何もない」

「私たちはただ…頼まれたら実行するだけだ」

「失敗すれば 殺される」

「嘘をついても……殺される」

塚内「どうやって?」

青山父「…………見せられた」

「そうした人間が処分される様を…」

「警察に逃げ込んだ者は…」

「出所後に殺された…」

「逃げられなかった…」

「どこにいても居場所がバレる… 必ず…死に追いやられる…!!」

「言われた通りにしてどうなるか…」

「優雅は知らなかった…!!」

「ただ誰にも勘付かれてはいけないとだけ…!!」

「悪いのは私たちだ…!!」

葉隠の言葉〔何考えて教室にいたの!!?〕

青山「自分が殺していたかもしれない人たちと僕は」

「仲間の顔して笑い合った」

「笑い合えてしまったんだよ」

「同じ元”無個性”で」

「AFOと戦う重圧を背負った彼を知って」

「自分の惨めさに絶望した」

「彼の心配より先に絶望した自分に…絶望したんだ」

「性根が腐ってたんだよ」

「青山優雅は」

「根っからの敵(ヴィラン)だったんだよ」

デク「じゃあ何で」

「合宿でかっちゃんと常闇くんを助けようとしたんだよ」

「あの夜のチーズはAFO(オール・フォー・ワン) に言われてやったのかよ…!?」

「違うだろ…!?」

「あれは…僕が気付けなかった……!!」

「SOSだったんだ…!だって」

「取り繕いもせずに泣いているのは…」

「AFOの言う通りにできなかったからじゃあ ないだろう!?」

「AFO(オール・フォー・ワン) に心を利用されても」

「全ては明け渡さなかったヒーローを」

「僕は知ってる」

「心が押し潰されただけだ!!」

オールマイト「緑谷少年…!」

デク〔知っていたら何か 違っていたのかもしれない〕

「罪を犯したら一生 敵(ヴィラン)だなんて事はないんだ」

「この手を握ってくれ 青山くん」

爆豪〔だからせめて出方を――〕

「そうか…デク!!」

デク「君は」「まだ」

「ヒーローになれるんだから!!」

次号 デクの言葉に彼は―――…

“【僕のヒーローアカデミア】337話「使い捨ての人生を」それでもデクは…!?”まとめ

裏切った青山くんをそれでも見捨てないデク。

これがデクの本当の強さなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA