【東京卍リベンジャーズ】206話「Let you down」ネタバレ!忠犬で狂犬!?

東京卍リベンジャーズの最新話である206話のネタバレをしていきます。

春千夜はマイキーを慕う忠実な忠犬。

 

だからこそ、狂犬にもなり得るのです…。

まだ205話読んでいない方はこちら

【東京卍リベンジャーズ】206話:忠犬で狂犬!?

特別番外編 

ムーチョ〔あの日…オレはマイキーに忠誠を誓った〕

東京卍會 伍番隊 隊長 武藤 泰宏(むとう やすひろ)

〔それがオレの与えられた”居場所”だった〕

マイキー「ムーチョ!」

「お前の隊で預かって欲しい奴がいるんだ」

ムーチョ「え? あ…ああ」

マイキー「コイツ」

春千夜「イテッ」

三途 春千夜

「離せよ マイキー」

マイキー「他の隊じゃ手ぇつけらんねぇ 暴れ馬だ」

「お前ならなんとかしてくれるだろ?ムーチョ」

ムーチョ「………」

〔マイキーの言う通りしょっちゅう問題ばっか起こすバカだった〕

「なんだ その目は」

「…居場所がねぇのか?」

「オレとオマエは似た者同士だな」

〔伍番隊はマイキーから特務を与えられた〕

〔内輪のスパイだ〕

〔オレは東卍を裏切りそうな奴を調べ上げ 逐一マイキーに報告した〕

「今んトコ一番怪しいのは場地だな」

「あの野郎だけは総長の言う事聞かねぇし裏でなんかゴチャゴチャやってるのに…」

「総長はなんで放置するのかがわからねぇ」

春千夜「マイキーは場地と幼なじみだから」

ムーチョ「………」

「”穴熊”か…意外と手堅いな」

春千夜「”王”が何よりも大切ですから」

ムーチョ「なるほど…」

「テメェ一人で四谷の暴走族(チーム)を揉めたのもそれが理由か?」

春千夜「………」

「東卍がダセぇって聞こえて…つい…」

ムーチョ「王を大事にするのもいいが自分も大事にしろ」

春千夜「…はい…すいません」

「………」

ムーチョ「………」

「ホレ」

「マスクぐらいしとけ」

「オマエはその傷で損してる」

春千夜「はい」「ありがとうございます」

ムーチョ〔三途は思っていたより忠誠心が強く〕

〔人一倍度胸も腕っぷしも強かった〕

〔半年もたてば〕

〔信頼できる副隊長になった〕

春千夜〔オレ一人っ子だったから〕

〔隊長みたいな兄貴欲しかったんです〕

ムーチョ「ああ」「本当の兄貴だと思ってくれ」

春千夜「ハイ!!」

ムーチョ〔気付けば 三途はオレの言う事をなんの疑問も持たずに聞き従う 良い右腕になっていた〕

〔乾と九井(ここのい)をさらった時も〕

〔花垣武道をさらった時も〕

タケミチ「……マイキー君を」

「東卍を裏切ってたって事ですか?」

春千夜「………」

ムーチョ「マイキーと先に出会っていれば…違ったかもしれないな」

「三途…」

「オマエは自分の道をいけ」

「オレは東卍には戻らねぇ」

春千夜「……」

「自分で選べと言うなら当然」

「ついていきますよ 隊長」

「ここがオレの”居場所”です」

ムーチョ〔ありがとな 三途〕

半年後 東京都鑑別所

春千夜「隊長!」

「お務めご苦労様です」

ムーチョ「三途…」

「…ここって……」

春千夜「第3埠頭 関東事変の決戦の地です」

「この日を待ち焦がれたよ…」

「この裏切り者が!!!!」

ムーチョ「三途…っ!?テメェ!!」

春千夜「”あの日”からこの為にお前を欺いてきた」

「いつか 将棋指したの覚えてるか?」

「言ったろ?」

「「”王”が何よりも大切だ」ってよぉー」

「テメェが王(マイキー)を裏切ったあの日」

「テメェはもう詰んでんだよ」

ムーチョ〔”裏切り”の報いか…〕

2008年

「ニュースです」

「東京湾で白骨化した死体が見つかりました」

「警察では身元確認を急ぐと共に…」

三途春千夜、忠犬にして狂犬…!!

”【東京卍リベンジャーズ】206話「Let you down」ネタバレ!忠犬で狂犬!?”まとめ

春千夜、かっこいいですね!!

そして次回はいよいよ新編スタート!!気になりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA