【呪術廻戦】69話「壊玉ー伍(ご)ー」ネタバレ!五条の術式反転はまだ不完全!?

呪術廻戦の最新話である69話のネタバレをしていきます。

 

まだ68話を読んでいない方はこちら

【呪術廻戦】69話:チャペルで五条が天内を誘拐!?

五条「天内!!」

天内「なっ…なな…」

生徒たち「え~~~~~~~~~~!?」

五条「ん?」

生徒A「何 理子 彼氏!?」

天内「違っ…いとこ!!いとこだよ!!」

生徒B「高校生!?背ェ高!!」

生徒「おにーさんグラサン取ってよ!!」

生徒「イケメンじゃん!!」

天内「おい 調子乗んなよ!!」

先生「コラ!!皆さん静粛に!!はしたないですよ!!」

生徒「先生だって気になるくせに」

先生「困りますよ 身内とはいえ勝手に入られては」

五条「あーいや緊急なもんで スンマセンね」

先生「あとコレ 私のTEL番」

生徒たち「お”ぉ”ーい!!条例違反!!」

先生「るせー!!教職の出会いのなさナメんじゃないわよ!!」

生徒「それは私達だって同じでしょ!?教師が年下趣味とか見損なったわ」

先生「はぁ!?光源氏ディスってんの!?」

五条「賑やかな学校だな」

天内「馬鹿者!!あれ程皆の前に顔を出すなと」

五条「呪詛師襲来 後は察しろ」

天内「!」

五条「このまま高専いくぞ  友達が巻き込まれんのは嫌だろ」

天内「…」

呪詛師「あぁん?」

〔ありゃ 3000万か?一緒にいんのは同業か…ボディガードってこともあるか〕

【呪術廻戦】69話:黒井の強さ

黒井「盤星教の人でしょうか?」

「”Q”の人達はもっと変な格好してますもんね」

呪詛師「…?素人か?殺る気がなら黙って殺れよ」

呪詛師「遅…」

呪詛師「う”っ」

黒井「お嬢様から何も奪うな  殺すぞ」

その場に追いついた夏油

夏油「なんだ強いじゃないですか」

「理子ちゃんは?」

黒井「五条悟と一緒に学校を出ました」

夏油「じゃあ私達も向かいましょう  少し面倒なことになってます」

呪詛師「クックッ やっぱさっきのが3000万か」

夏油・黒井「!!」

黒井「式神!?」

夏油「いや式神とは少し違う 悟」

五条「天内の首に3000万の懸賞金?」

夏油「ああ 呪詛師御用達の闇サイトで期限付き  明後日の午前11時までだそうだ」

【呪術廻戦】69話:五条の術式反転

五条「成程ね」

「ったく呪術師は年中人手不足だってのに 天使くするなら歓迎するよオッサン」

天内「2 3 4人…皆同じ背格好じゃ  式神か?」

呪詛師たち「いやぁ職安も楽じゃなねぇだろ  そのガキ譲ってくれれはそれでいい」

天内「増えた!!5人じゃ!!」

五条「どこがいいんだよ こんなガキ」

呪詛師〔一瞬で2人やられた!!なんだ今のは!!〕

天内「式神が消えん!!どれが本体じゃ!?」

五条「式神じゃねぇ 分身だ  全部本体のな」

呪詛師「んだコレ!!」

五条「無限 アキレスと亀だよ」

呪詛師「あ”ぁ!?」

五条「勉強は大事って話」

五条「本体含めMAX5体の分身術式  どれが本体かは常に自由に選択できるんだろ?」

「本体が危うくなったら安全な分身を本体にする」

「いい術式(もん)持ってんじゃん」

「なんでそんな弱いのか意味わからん」

〔破壊されたら暫く分身は出せないのか〕

呪詛師「何故俺の術式を知っている」

五条「御生憎様(おあいにくさま) 目がいいもんで」

「俺の術式はさ収束する無限級数みたいなもんで俺に近づくモノはどんどん遅くなって結局俺までたどり着くことはなくなるの」

「それを強化すると”無下限”……”負の自然数”ってとこかな」

「”ー1のリンゴ”みたいな虚構が生まれるんだ」

「そうするとさっきみたいな吸い込む反応が作れる」

「でも意外と不便なんだよね」

「あまり大きな反応は自分の近くに作れないし指向性にまで気を遣い出すと呪力操作がまー面倒で要は超疲れんの」

「でもこれは全部 順転の術式の話」

「こっちは無限の発散」

【術式反転】

「赫」!!

呪詛師「……? 」「??」

五条「フッ 失敗!!」

「なんかそろそろできそうって思ったんだけどなぁ」

天内「マジでなんだコイツ」

天内の携帯のバイブが鳴る。

「黒井からじゃ」

「どっ どうしよう 黒井が…!!」

「黒井が!!」

”【呪術廻戦】69話「壊玉ー伍(ご)ー」ネタバレ!五条の術式反転はまだ不完全!?”まとめ

今度は五条が呪詛師と戦いますが、若干特殊な術式で面倒が起きていますね。

天内を無事に高専まで連れて帰れるのか、というところに注目ですね。

70話はこちら

【呪術廻戦のネタバレの一覧はこちら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA